中区栄三丁目、通称”栄ミナミ”。ナディアパークの東隣で中電不動産が建設中の複合ビル「(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビル」の躯体が11階まで伸びてきました。

2月1日 撮影

ビルは1階から2階が商業施設。3階以上に福岡市に本拠を置く「エフ・ジェイホテルズ」が運営する「ホテルフォルツァ」が入る予定です。ホテルフォルツァは名古屋初進出になります。

「(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビル」の前回投稿はこちら

完成イメージ

建物は地上16階建て、高さ57.37メートル。完成は2020年11月です。

中部経済新聞によりますと中電不動産はこのほど、栄の「スルガ銀行名古屋支店」の土地も買収したということです。これについては、今後、稿を改めてご紹介したいと思いますが、報道が信実であれば、中電不動産が積極投資に踏み切っている様子をみることが出来ます。動向に注目したいと思います。


カテゴリー: 栄南地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です