地下鉄「新栄町」の北側、東区葵一丁目で建設中の巨大高層マンション「シティタワー葵」。前回投稿から一ヶ月あまり。躯体はさらに上に伸びています。

1月21日 撮影

シティタワー葵の前回投稿はこちら

躯体は14階のあたりまできました。

1月21日 撮影

近くをとおる国道19号から。この一帯は、高層の建物も多くありますがそのなかでもアタマ一つ抜けてきました。今後、さらに上に伸びる予定です。

シティタワー葵は地上20階建て。高さ59.635メートル。

シティタワー葵 完成予想図

ただこのマンションの特筆すべきは高さではありません。総戸数は354戸。伏見の超高層タワーマンション「グランドメゾン御園座タワー」(304戸)よりも多い巨大マンションです。地上20階建てですからワンフロアあたりの戸数は平均で17戸から18戸。かなり規模の大きいマンションであることがわかります。

入居の開始は2020年4月。のこり一年あまりです。


 

 

 

カテゴリー: 未分類

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です