現在、リニューアル中の名古屋のシンボル「テレビ塔」。先日、リニューアルの目玉ともいえる高級ホテルの開業が2020年9月1日になることが発表されました。

スィートからの眺望

テレビ塔リニューアルの前回投稿はこちら

テレビ塔のホテルを運営するのは愛知県内で結婚式場などを展開する「アメーバホールディングス」。ホテルの名称は「タワーホテル ナゴヤ」です。1階にカフェ、2階に宴会場、4階と5階にレストランと宿泊施設がはいる予定です。宿泊施設は15部屋で、価格は1部屋3万円~11万円台。5階にあるスイートルームは1部屋18万円からになる予定です。

宿泊客は、一般の営業が終了した10時以降以降一般の地上100メートルのところにある展望台でゆっくりと眺望を楽しむことができるという特典がつきます。

1階のカフェは、宿泊客の受け入れより2ヶ月早い7月にオープンする予定。アメーバホールディングス(名古屋市)にとってホテル経営は今回がはじめて。工事自体は7月には完成するようですが従業員教育を十分にした上で、万全の体制で宿泊客の受け入れをはじめるようです。

12月28日 撮影

現在工事中のテレビ塔。よくみると塔の左側になにか細長い建築物ができています。

テレビ塔 リニューアルイメージ

リニューアル後のイメージパースをみても、塔の左側に細長い建築物ができているのがわかります。おそらくホテルに直結するエレベーター塔のようなものではないかと思います。

塔のなかにホテルをつくるという発想はかなりユニーク。おそらく全国初ではないでしょうか?

地上波のデジタル放送への変換以降、電波塔としての役目を終えている「テレビ塔」。リニューアルに合わせて名前を変更するかどうかについても議論されているようです。ただ「テレビ塔」は最早、歴史的建造物となっているともいえます。名古屋を代表する”歴史ある”観光スポットとして、個人的にはこのまま「テレビ塔」という名前でいいのでは?という気がしています。みなさんはどのようにお考えでしょうか?


 

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です