2020年春に拡張する予定の愛知学院大学名城公園キャンパス。日進キャンパスから多くの機能が移転し、法学部・経済学部・経営学部・商学部の文系四学部の一大拠点が完成する予定です。

完成を3ヶ月後に控え、キャンパスの南側で建設が進んでいた新校舎が仕上げの段階に入っています。

12月29日 撮影

愛知学院大学名城公園キャンパス拡張工事の前回投稿はこちら

地上10階建て。外観は一部を除いてはほぼ完成しています。

12月29日 撮影

建物内部には、すでに蛍光照明がともっていました。

12月29日 撮影

一階ロビーの様子も伺い知ることができるようになりました。

12月29日 撮影

新校舎と既存校舎を繋ぐ渡り廊下のようです。こちらは、まだあまりできていないようです。

このところ愛知学院大学のテレビCMも、盛んにみるようになりました。キャンパスを都心に移すことで、今後、人気が高まっていくのではないかと思います。

愛知学院大学名城公園キャンパス拡張工事のその後についてはこちら



カテゴリー: 名城公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です