名駅地区の超高層ビル街のど真ん中で建設が進められていた「相鉄フレッサイン名古屋駅桜通口」。2月のオープンを間近にして、ほぼ完成に近づいてきました。

相鉄フレッサイン名古屋駅桜通口

11月30日 撮影

相鉄フレッサイン名古屋駅桜通口の前回投稿はこちら

地上18階、高さ58.36メートル、客室数250室のビジネスホテルです。写真奥は、名古屋一のノッポビル「ミッドランドスクエア」(高さ247メートル)です。

11月30日 撮影

ホテル横で同じタイミングで建設がすすんでいた立体駐車場「大都会パーキング」はすでに開業しています。ホテルとパーキングが新たに建設されたこの場所はかつてパチンコ「大都会」があったところ。相鉄フレッサ初の名古屋進出となったこのホテルですが、地主は変わらないようです。

「相鉄フレッサイン名古屋駅桜通口」のオープンまで2ヶ月。東京オリンピックが行われる2020年は、大幅な訪日外国人観光客の増加が見込まれており、名古屋も上半期に新築ホテルの開業ラッシュが続きます。

ここ最近、ホテルの客室数不足が指摘されてきた名古屋市ですが、こうした訪日外国人観光客の需用をどこまで取り込めるのか?今後、“観光都市“名古屋を目指す上で大きなカギとなりそうです。



カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です