大手通りから赤門通りを少し入ったとろ。大須の一角、「中公設市場跡地」で建設されている商業ビル「Multina Box」。

 

8月24日 撮影

外観の工事はほぼ終わったようですが建物はいまだ建設が完了しているようではないようです。そんななか建物前には、すでに行列ができていました。

8月24日 撮影

行列の先ではすでに「タピオカドリンク」の店がオープンしていました。

8月24日 撮影

タピオカショップの名前は「辰杏朱(シンアンジュ)」。大阪の心斎橋や原宿などで人気の台湾タピオカドリンク専門店です。ブームだけあって、タピオカの集客力の凄さを思い知りました。

そのタピオカショップの隣でも着々と内装工事が進んでいました。

8月24日 撮影

看板には「TOTTI CANDY FACTORY」の文字。かわいいお菓子とスィーツの専門店。こちらも原宿と心斎橋などにすでに店舗を展開しているお店のようです。

過去のコメント欄の方にも情報提供いただきましたが、すでに「Multina Box」の公式ホームペーシも作られていました。

Multina Boxの公式ホームページ

公式ホームページによりますと、いちごあめ専門店の「Strawberry Fetch 大須店」や、フィギュア、キャラクターショップの「らしんばん大須店」など、様々なジャンルの店が進出するようです。

3階と屋上には「パデル」という新感覚ラケットスポーツが楽しめる「パテント名古屋」というスポーツ施設もオープンするようです。

この「Multina Box」は28日にオープン式典が行われ、10月中旬まで順次店舗がオープンするようです。

大須の新たな人気スポットになるのは間違いありません。

Multina Boxのその後についてはこちら

 

カテゴリー: 大須

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です