桜通り沿いで建設が進んでいる「(仮称)ホテル京阪名古屋栄」。前回、投稿から一ヶ月。建設は順調に進んでいます。

8月10日 撮影

東側から。骨組みが最上階まで達しています。話は若干それますが、桜通りは広小路通り、錦通りに比べると都心からやや逸れたところを通りますが、金融会社のオフィスが集中しているためかスカイラインは、広小路通りや錦通りより高い気がします。

8月10日 撮影

正面に回ると大きな変化がみられます。建物の低層部には、すでにクリーム色の外壁がはめられはじめているのがわかります。

京阪ホテルの名古屋初進出となる「(仮称)ホテル京阪名古屋栄」。完成は2020年春です。

(仮称)ホテル京阪名古屋栄のその後についてはこちら

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です