千種駅から錦通を西(今池方面)へ、やや行ったところで建設がされている「四谷学院千種校」。

7月16日 撮影

地上8階建て、高さ30.95メートル。完成は2020年2月です。四谷学院は首都圏が地盤の予備校。「なんでわたしが東大(京大)に」をキャッチフレーズに、個別指導がウリです。首都圏19校、関西圏4校などを展開。中京圏は名駅校に次いで2校目となります。千種は河合塾発祥の地でもあり、多くの学習塾がしのぎを削る激戦区です。四谷学院の進出で、今後どのような勢力地図になるのか注目です。

 

 

カテゴリー: 千種

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です