名駅地区などを抱える中村区。区の行政を担う中村区役所が老朽化のため、移転改築されることが決まっています。

移転先となるのは、地下鉄「本陣駅」の近くの「旧本陣小学校」跡地です。

旧本陣小学校

 

本陣小学校は2002年に則武小学校、亀島小学校と合併し、ほのか小学校になりました。

廃校して17年あまり。雑草も伸び放題で、ひっそりとしています。

校舎東側から

校舎東のからの写真です。鬱蒼としています。本陣駅は地下鉄東山線で名駅からわずか2区間。駅近くの土地が手つかずのまま20年近く放置されているのは、やはりもったいない気がします。

旧校舎は解体。2022年に向けて新中村区役所が建てられます。敷地内には民間業者の参入を念頭に入れた高齢者住宅などを想定した別棟も建設される予定です。

現在の中村区役所はこの場所から1~2キロほど南東に行ったところ。

中村区役所

中村区役所外観

現庁舎は地下鉄桜通線の終着駅「中村区役所駅」の近く。老朽化しているものの名駅地区を抱える区の区役所だけあって立派な建物です。建物の上層部は都市再生機構(UR)の集合住宅があります。

2022年の新庁舎完成による移転後は、現庁舎は取り壊されます。跡地については、まだ決まっていませんがURなども交えて検討が進められるようです。駅近なので、いまより高度利用される再開発がなされることを期待したいです。

因みに「中村区役所」という駅名も変更が検討されているとか。東京の東急東横線では、すでに大学が移転した後でも「学芸大学」「都立大学」という駅名が残っているケースがありますが、たしかに区役所が近くにないのに「中村区役所」の駅名が残るのは、混同するかもしれません。

 

カテゴリー: 中村区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です