まん延防止の中・・・「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」 2022年3月

まん延防止の中・・・「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」 2022年3月

中区栄一丁目の堀川沿い。旧「読売新聞中部支社」跡地で建設が進められていたシティホテル「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」がついにオープンしました。

コートヤード・バイ・マリオット名古屋(3月7日 撮影)

地上12階、地下1階。高さ約51メートル。客室数は360室。まん延防止の中のオープンとなってしまい、やや多難な船出となっているのではないかとも思われます。ただ、撮影したのはオープン最初の月曜日となった3月7日の午後6時過ぎですが、客室の多くには明かりがともっており、思ったより宿泊客は多いのではと推察されます。

「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」の前回投稿はこちら

ホテルのオープンにより、これまでひっそりとしていたこの一帯も華やかになりました。個人的な思いではありますが、名古屋の街に決定的にかけているのはウォーターフロント開発です。「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」のオープンで、名古屋の中心部を横断する堀川沿いが少しでもにぎやかになることを期待したいです。

「コートヤード・バイ・マリオット」は、世界最大のホテルグループであるマリオットのミドルクラスのホテルブランドで、日本国内では6軒目。ビジネス利用、観光利用の双方に対応できるホテルです。依然、厳しい経営環境にある宿泊業界ですが、愛知県では11月に「ジブリパーク」が開園することも決まっているほか、2020年9月には栄中心部で久屋大通公園がリニューアルされるなど、このとこる徐々に観光資源も充実してきていて、長い目でみれば市内のホテル需要は今後、大きく伸びていく可能性も高いと思います。厳しい船出となったかもしれませんが、今後、さらなるホテル開発の投資を呼び込むためにも、なんとか踏んばって軌道に載せてほしいものです。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish