高層部!? さらに躯体が上昇「名古屋造形大学」新キャンパス建設工事 2021年4月

地下鉄名城線の名城公園駅の真上。公務員住宅の跡地で進んでいる「名古屋造形大学」の新キャンパス建設工事。躯体はすっぽりとシートに覆われていて、ここしばらく外観が変化していませんでしたが、ここにきて大きな変化がみられました。

名古屋造形大学新校舎(4月10日 撮影)

ここからではわかりにくいですが、写真奥をみると、にょきにょきと伸びてきたものが・・・。

名古屋造形大学新校舎建設の前回投稿はこちら

先月の段階では、躯体はこれ以上伸びないのではと思っていましたが、さらに上に伸びてきました。骨組みが始まったのは、階高がかなり高い建物です。骨組みの密度も低く素人目にかなり弱々しく見えますが、建築家でもある学長自らが、設計を手掛けている建物ですので、構造上問題はないんだと思います。

名古屋造形大学新キャンパスイメージ

新キャンパスは地上5階、地下1階。延床面積2万㎡弱の横長の校舎で、4階には88メートル四方の巨大スタジオも設けられるということです。イメージ図を見る限り、低層部に比べてフロア面積が広がっている部分が4階以上で、今回、骨組みがはじまった部分も、この高層部なのではないかと思います。芸術大学らしくユニークな建築物です。いまから完成が楽しみです。

名古屋造形大学新キャンパスのその後についてはこちら

 

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish