中区丸の内一丁目。地下鉄「丸の内駅」すぐの滋賀銀行名古屋支店の跡地で、建設中のオフィスビル「(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ」。前回投稿からおよそ一年が経ちました。

(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ(12月20日 撮影)

前回投稿時の一年前は、旧滋賀銀行名古屋支店の解体工事が終わったところでした。一年が経ち、新ビルの建設がはじまって、工程はすでに基礎工事から躯体工事にうつっているようです。

(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ(12月20日 撮影)

「(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ」の前回投稿についてはこちら

「(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ」は、地上12階、地下1階。高さ54.35メートル。

(仮称)名古屋市中区丸の内一丁目PJ 完成イメージ

工事に伴い滋賀銀行名古屋支店は、伏見駅南の中区栄一丁目に移転しております。当初の計画では、ビルの完成後、支店機能が戻ってくる予定でしたが、「再考の結果」、「仮店舗のスペースで十分営業が可能」だとして、「仮店舗地での営業を継続することに」したようです。ネットバンキングなどが普及するなかで、各金融期間が店舗機能の縮小が大きな流れとなっているなか、今後、それほど大きな店舗は必要ではなくなったということなのでしょうか?現地の看板によりますと「建築主」は大和ハウス工業。ビルは大和ハウス工業が運営する賃貸オフィスビルとなるのではないでしょうか?

完成は2021年夏です。

 

 

カテゴリー: 丸の内

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

1件のコメント

· 2020-12-26 11:26 PM

デザインなかなかいいですね

伏見通り沿いが熱いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です