北区名城二丁目。地下鉄名城線の「名城公園駅」と「黒川駅」の中間点のあたりで進んでいる「市営城北荘」の建て替え工事の第一工区。前回投稿から半年が経ちました。

市営城北荘(10月31日 撮影)

「市営城北荘」建設工事の前回投稿はこちら

団地全体を順次建て替えていく計画の「市営城北荘」。現在、第一工区が手掛けられていて、A棟(10階建て、110戸、写真奥)とB棟(9階建て、114戸、写真手前)の2棟が建設中で、躯体はいずれも最上階まで伸びているようです。

さらにA棟ではすでにシートの一部が取り外され、一部、外観がお目見えしています。

「市営城北荘」A棟(10月31日 撮影)

いかにも市営住宅といった感じで、正直、若干味気ない外観ですが、市営住宅という性格上仕方ないのかもしれません。

市営城北荘は1960年から1972年にかけて整備されていた団地で、4階建てから7階建ての建物全21棟がありました。

建て替え前の「市営城北荘」

市営城北荘の建て替えを巡っては、6つの工区に分けられ、順次、工事進められるということで、今後、息の長い事業になりそうです。

 

 

カテゴリー: 名城公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です