北区名城二丁目。地下鉄名城線の「名城公園駅」の真上で進んでいる名古屋造形大学新キャンパス建設工事。前回投稿から一ヶ月経ちました。基礎工事は最終段階を迎えているようです。

名古屋造形大学新キャンパス(10月31日 撮影)

名古屋造形大学新キャンパスの前回投稿はこちら

敷地いっぱいで基礎工事が行われており、迫力ある光景が広がっています。

名古屋造形大学新キャンパス(10月31日 撮影)

よくみると地上に横長の骨組みが敷かれているのがわかります。また一部(写真右側)にも、骨組みがみえます。これらがなんなのかわかりませんが、いよいよ躯体工事がはじまるのかもしれません。

名古屋造形大学(10月31日 撮影)

大津通りから。広い敷地に何本ものクレーンが動いているのがわかります。改めて大規模な工事であることがわかります。

新キャンパスは地上5階建て。一階にはレストランやカフェ、四階には展示や制作で使用される大きなスタジオも設置される予定で、大学関係者だけでなく一部、一般の人にも解放されるということです。

完成は2022年春。完成すれば、現在小牧市にある大学機能のすべてが移転してくる予定です。

 

 

カテゴリー: 名城公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です