大須の中心部。赤門通りと裏門前町通りの交差点の北東角。「グッドウィル」が入居していたビルなど、複数の建物が解体されていた現場で、高層マンション「(仮称)グランドメゾン栄南」が建設されることが明らかになりました。

(仮称)グランドメゾン栄南(9月5日 撮影)

現地の様子の前回投稿はこちら

現地では、かつてあったビルは跡形もなく撤去されています。「(仮称)グランドメゾン栄南」は地上18階建て、高さ59.97メートル。総戸数はわかりませんが敷地も広く、かなり大型のマンションになると思います。開発の主体は積水ハウスです。

積水ハウスはここから少し南西方向に行った門前町通りでも「(仮称)グランドメゾン大須三丁目」(地上18階建て、高さ59.98メートル)を建設中です。

「(仮称)グランドメゾン大須三丁目」にたついてはこちら

これまで、あまり住宅地としての印象がなかった大須ですが、栄・矢場町といった「栄ミナミ地区」まで徒歩圏内であることに加え、足元には魅力的な商店街が広がっており、今後、住宅地としての人気も高まってくるかもしれません。

 

カテゴリー: 大須

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です