中日ビルかや南へ200メートルほど、中区栄5丁目の久屋大通沿い。長らく動きがなかった旧三ツ桃ビル跡地で、野村不動産がマンション建設を開始するようです。

旧三ツ桃ビル跡地(8月14日 撮影)

旧三ツ桃ビル解体工事についてはこちら

前回投稿から一年半弱経ちました。当日はまだ、三ツ桃ビルの解体工事中でしたが、現地看板の解体工事の「発注者」の欄には「野村不動産住宅事業部」と書かれていました。当初からマンション開発をする目的で、ビルを解体していたと思われますが、ここにきてようやく動き出しました。現地に掲げられている掲示によりますと、建設の開始は2020年10月からになります。

開発の名称は「(仮称)久屋大通公園前計画新築工事」。地上18階建て、高さ59.99メートル。あまり広い敷地ではありませんが、そこそこ大型の高層マンションです。

野村不動産は、通りを挟んですぐ北向かいでもプラウドタワー栄を建設中です。

プラウドタワー栄の建設状況はこちら

歓楽街の女子大小路からも近く、あまり住宅地という印象がない同地域ですが、久屋大通を挟んだ向かい側には松坂屋があるなど、ロケーションの利便性はバツグンです。今後は住宅地としての”顔”も持つようになるのかもしれません。

 

カテゴリー: 栄南地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です