2027年に品川-名古屋の間で開業する予定のリニア中央新幹線。開業は名古屋の街に大きなインパクトを与えるだけでなく、停滞する日本経済にも大きなプラス要因になるとみられます。ただこの「リニア 2027年開業」が現在、”大井川水源問題”により、遅れざるを得ないということが指摘されはじめています。

リニア中央新幹線

リニア中央新幹線

大井川水源問題とは、リニア開通に伴う南アルプスのトンネル工事を巡り、トンネル工事で地下水の流れが変わり大井川の水量が減少する懸念があるとして、静岡県がトンネル工事に「待った」をかけているというものです。

大井川水源問題の詳細についてはこちら

産経新聞より

東海道新幹線より内陸を通って品川と名古屋を通るリニア中央新幹線。静岡県を通るイメージはありませんが、山梨県から長野県に入る間の9キロだけ静岡県を通過します。

この問題を巡って先月26日、静岡県の川勝知事とJR東海の金子社長が会談し、金子社長が準備工事となるヤード工事に入ることへの理解を求めましたが、川勝知事は首を縦にふりませんでした。会談前からJR東海は6月中にヤード工事に入れなければ2027年開業は延期せざるを得ないとしており、会談が並行線に終わったことから、JR東海は近く2027年開業の延期を発表するのでは?という憶測がされています。

こうした中、事態を打開するため国交省が、取り敢えず水資源に影響の少ない準備工事を進めながら懸念を払拭していく”仲裁案”を示しましたが、川勝知事はこれにも現在同意していません。

元々、水資源に影響があるかどうかは、やってみなきゃわからないことも多いと思われます。川勝知事は「リニア建設には賛成」とする一方で、過去に「リニアは静岡県になんのメリットもない」と発言していて、水源問題の解決というよりは、反対のための反対をしているようにみえます。そのうちなんとかなるだろうというJR東海のたかをくくった態度にも問題があったのではと思いますが、国際競争力を失いかけている日本にとって、リニア開業の遅れが大きなマイナスとなるのは間違いありません。関係者のみなさまには”私怨”を超え、前向きな”妥協点”をみいだす努力を期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: コラム

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です