中区栄三丁目のナディアパークの東。通称“サカエミナミ“で建設中の「栄三丁目 ホテル・商業複合ビル」。前回投稿から一ヶ月経ちました。工事は順調に進捗しているようで、外壁パネルの埋め込みが建物の上部まで進みました。

栄三丁目ホテル・商業複合ビル(ホテルフォルツァ名古屋栄 6月20日 撮影)

栄三丁目 ホテル・商業複合ビルのその後についてはこちら

建物上部の一部窓ガラスの設置はまだですが、ぱっと見、外壁工事は8割型完成しています。

栄三丁目 ホテル・商業複合ビル(ホテルフォルツァ名古屋栄 6月20日 撮影)

建物反対。大津通り側からの写真です。こちら側は外壁パネルが白です。こちら側も外壁工事は完成に近づいているようです。

栄三丁目 ホテル・商業複合ビル(6月20日 撮影)

商業施設が入る低層部は、依然シートに覆われています。

「(仮称)栄三丁目ホテル・商業複合ビル」は、地上16階・地下1階、高さ57.37メートル。中部電力グループの中電不動産が開発を進めています。1階から2階に店舗、ホテルは3階から16階にエフ・ジェイホテルズ(福岡市)が運営する「ホテルフォルツァ名古屋栄」が入る予定です。

完成は2020年秋です。

ホテルフォルツァ名古屋栄(【仮称】栄三丁目ホテル・商業複合ビル)のその後についてはこちら

 

 

 

カテゴリー: 栄南地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です