中区丸の内一丁目。円頓寺商店街の東側で住友不動産が建設中のマンション「シティタワー丸の内」。前回投稿から4ヶ月経ちました。駆体は順調に上に伸びています。

シティタワー丸の内(5月24日 撮影)

シティタワー丸の内の前回投稿はこちら

駆体は12階のあたりまで伸びています。この周辺は都心近くでありながら、古い町並みが残る四間道(しけみち)や、下町の雰囲気が残る円頓寺商店街などがあり、味のある独特な雰囲気がただよう一帯です。高層の建物も少なく、駆体が持ち上がってきたことで、かなり存在感のある建物になってきました。

シティタワー丸の内(5月24日 撮影)

南側から撮影した写真です。低層階の一部ではシートが外されており、シティタワーの特徴でもあるパネルガラスをふんだんに使った落ち着いた色合いの外観が顔を出しています。

シティタワー丸の内完成予想図

シティタワー丸の内は地上19階建て、高さ58.44メートル。総戸数108戸の分譲マンションです。シティタワーブランドのなかではやや小ぶりではありますが、それでも普通のマンションに比べれば、大規模なマンションと言えます。

入居開始は2021年3月下旬の予定です。

カテゴリー: 丸の内

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です