オープンハウスが手掛けるマンションブランド「オープンレジデンシア」が、このところ名古屋都心でのマンション建設を加速させています。なかでも目をひくのが「オープンレジデンシア THE MID PROJECT」。中区丸の内二丁目の一角に、一気に3棟のマンションを建設する計画です。

オープンレジデンシア MID PROJECT(公式ホームページより)

「オープンレジデンシア MID PROJECT」公式ホームページ

3棟のなかで最も建設がすすんでいるのは「オープンレジデンシアTHE MID FOAT」です。

オープンレジデンシア THE MID FORT(5月24日 撮影)

地上15階建て、高さ44.8メートル。総戸数は70戸。3棟のなかではもっとも北側に建設されているマンションです。入居開始は2021年4月下旬です。

ここから少し南西に行ったところで建設されているのが、「オープンレジデンシア THE        MID  MARK」です。入居開始は2021年9月中旬からで、現在はまだ駆体が伸びてきておりません。総戸数は「THE MID FORT」と同じ70戸です。

オープンレジデンシア THE MID MARK(5月23日 撮影)

この場所からさらに南西に行った場所では「オープンレジデンシア THE GATE」が建設中です。総戸数は他の2つから若干少ない56戸です。こちらの入居開始は2021年8月下旬で、現在はまだ基礎工事の段階です。

オープンレジデンシア THE MID GATE(5月23日 撮影)

販売広告では、地下鉄「丸の内駅」から徒歩一分とありますが、地下鉄「丸の内駅」は、名城線の駅と桜通り線の駅とでやや距離があります。おそらく名城線の駅から徒歩一分ということではないかと思いますが、桜通り線の駅からも数分の距離ではないでしょうか?いずれにしてもかなり駅近の物件です。

オープンレジデンシアは首都圏が地盤の不動産会社「オープンハウス」のマンションブランド。マンションの部屋をライフスタイルにあわせてカスタマイズできるのが最大の”ウリ”。このところ名古屋での進出にも力を入れているようで、テレビ広告なども頻繁にみかけるようになりました。少し前は名古屋の都心で、比較的リーズナブルな価格のマンション市場は、関西地盤のプレサンスコーポレーションの独壇場といった感じでしたが、ここにきてそれを上回るペースで開発を進めている気がします。お互い切磋琢磨して、名古屋の市場全体を盛り上げていってくれることを期待したいです。

 

 

 

カテゴリー: 丸の内

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

2件のコメント

can · 2020-06-09 10:09 AM

いつも楽しく拝見してます
プレサンスは社長が用地獲得絡みの不正で逮捕されたのをきっかけにオープンハウスの傘下に入りました
廉価帯のマンションはこのグループの独壇場になるでしょうね

    ゆめ · 2020-06-09 10:20 AM

    情報ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です