名鉄神宮前駅東口。:”おとなの住みたいまち”をコンセプトに開発がすすんでいる複合ビル「神宮前駅東地区」。前回投稿から3ヶ月。建設は順調にすすんでいるようです。

神宮前駅東地区(5月24日 撮影)

神宮前駅東地区の前回投稿はこちら

建物は一部で、躯体が上に伸びてきています。

神宮前駅東地区(5月24日 撮影)

開発を手掛けるのは名鉄。地上12階、地下1階の複合ビルで、地上1階から4階は名鉄の商業施設「μPLAT(ミュープラット)」がはいり、5階から上には賃貸住宅が整備される予定です。

神宮前駅東地区 完成イメージ

神宮前駅一帯では駅の反対側(西口)の「神宮前商店街」でも再開発構想があります。

神宮前商店街の再開発構想についてはこちら

金山駅から一駅でありながら、これまでいまいち垢抜けなかった神宮前ですが、大きく街が変化する可能性があります。今後の動向に注目したいです。

神宮前駅東地区のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 熱田

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です