西区名駅一丁目。超高層ビル街の一角で建設されている「(仮称)名駅一丁目計画」。前回投稿から一ヶ月。ビルの外観がほぼ完成してきました。

(仮称)名駅一丁目計画 3月28日 撮影

(仮称)名駅一丁目計画の前回投稿はこちら

建物はほぼガラスで覆われました。低層部を除いて、外観はほぼ完成しています。今後は内装工事が続けられるとみられます。

「(仮称)名駅一丁目計画」は地上14階、地下1階。高さ66.83メートル。周囲に200メートル級の超高層ビルが林立しておりあまり目立ちませんが、近くまでいくと改めて巨大なビルであることを実感します。

(仮称)名駅一丁目計画 3月28日 撮影

建物には隣のJPビルとの間をつなぐペデストリアンデッキが整備されます。こちらもほぼ完成しています。

完成は2020年夏の予定です。

(仮称)名駅一丁目計画のその後についてはこちら

 

 

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です