名駅の超高層ビル街の一角。スパイラルタワーの足元には2つの飲食ビルが建設予定です。そのうちの一つ、カラオケの「JOYJOY」のグループを展開する東亜コーポレーション(名古屋市天白区)が手掛けるビルの躯体が一気に最上階まで達しました。

3月7日 撮影

名駅四丁目 二つのグルメビルの前回投稿はこちら

こちらのビルは地上7階建て。高さ27.85メートルです。4ヶ月前の前回投稿時は、基礎工事が続いていましたが、一気に躯体が最上階まで伸びました。

3月7日 撮影

このビルの東隣(写真右側)にも、飲食ビルが建設される予定です。こちらで開発を手掛けるのは名鉄です。地上12階・地下1階、高さ45.32メートルです。基礎工事がはじまったのはほぼ同じ時期ですが、名鉄のビルの方が地上12階と大規模で基礎工事に時間がかかっているものとみられます。

名駅地区は、この20年弱で超高層ビル街が一気に完成したことで、あきらかに飲食店が需要に追いついていません。こうした飲食ビルは今後も次々に建設されるものと思われます。

 

 

 

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です