久屋大通公園の旧噴水南バスターミナルで整備が進んでいた「ミツコシマエヒロバス」がいよいよオープしました。

ミツコシマエヒロバス(2月29日 撮影)

ミツコシマエヒロバスの前回投稿はこちら

スポーツをテーマに3年間限定で整備された「ミツコシマエヒロバス」。スポーツをテーマにしているだけあって広場には、ミニトラックも登場しました。

2月29日 撮影

北側は広小路久屋の交差点。広場からは、交差点に設置されている大型ビジョンをみることもできます。東京オリンピックなどの大規模なイベントが開催された際などは、市内随一のパブリックビューイングの会場として活用されることが検討されています。

店舗棟(2月29日 撮影)

広場の店舗棟には「ファミリーマート」と、イタリア料理の「TOKYO MARCARTO」が進出しています。屋上にはバーベキューを楽しむこともできるデッキも整備されています。

撮影当日はあいにくの雨模様であったことに加え、このところの新型ウイルス問題を受け人気(ひとけ)はまばらでしたが、気候がよくなればかなり気持ちよさそうです。

栄に賑わいをもたらす広場となるポテンシャルとなることは十分にありそうです。街に相乗効果をもたらすような施設になることを期待したいです。

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です