中村区名駅四丁目。三井ガーデンホテルなどがはいる「シンフォニー豊田ビル」のとなりで開発予定の「コレクトマーク名駅4丁目」の工事がはじまりました。

2月9日 撮影

工事は2019年10月頃から開始され、現在はまだ基礎工事の段階です。

コレクトマーク名駅4丁目の前回投稿はこちら

現場を囲う塀には完成予想図が描かれています。現在テナント募集中のようです。

完成予想図

コレクトマーク名駅四丁目は地上11階建て、高さ44.3メートル。飲食店舗や物販店舗、遊技場などがテナントとして想定されている都市型商業施設です。開発を手掛けるのは三菱UFJリースの子会社、MULプロパティです。コレクトマークはMULプロパティの商業施設のブランド。「コレクトマーク名駅3丁目」についで2棟目になります。

超高層ビルの建設ばかりに目がいく名駅地区ですが、こうした商業ビルの建設も活発です。この近くでも、スパイラルタワーズのとなりに2棟のグルメビルも建設中です。

スパイラルタワーズ横のグルメビルについてはこちら

相次いで超高層ビルが建設するなかで、名駅地区は一気に就業人口が増えています。それにともない飲食店なども増加しているものの、需要に追いついていないのが実情です。グルメビルのような飲食ビルが今後も次々建設されるのではないかと思います。

コレクトマーク名駅四丁目のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です