栄の久屋大通公園、旧噴水南バスターミナルで暫定整備されている「ミツコシマエヒロバス」。今月22日のオープンに向け、いよいよ白い囲いが取り除かれました。

2月1日 撮影

ミツコシマエヒロバスの前回投稿はこちら

スポーツをテーマにしたこの広場。広場の真ん中に整備される一周70メートルのミニトラックも姿を現しました。

2月1日 撮影

広場の南に整備される店舗棟には、人気イタリアンの「TOKYO MERCART」(トウキョウメルカート)、コンビニエンスストアの「ファミリーマート」が入ります。さらに屋上にはバーベキューができる屋上テラスも整備されます。

2月1日 撮影

ミツコシマエヒロバスは久屋大通公園の南側地域が、本格的に再整備するための3年間の暫定施設。夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックのパブリックビューイングも開催される予定です。栄の街に賑わいをもたらす集客施設になりそうです。


 

 

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です