名駅の超高層ビル街のど真ん中。スパイラルタワーの一つ北のブロックで建設中の「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」。前回投稿から一ヶ月あまりしかたっていませんが、躯体は一気にあがってきており、大きな存在感を示してきました。

12月7日 撮影

(仮)名古屋三井ビルの前回投稿はこちら

骨組みの建設は11階あたりにさしかかっています。写真奥がスパイラルタワーです。

12月7日 撮影

2つのクレーンで躯体を持ち上げています。それなりの威容がでてきました。200メートル級の超高層ビルが林立する名駅地区にあっても、存在感が増してきています。

名古屋三井ビル北館1

完成イメージ

(仮称)名古屋三井ビル北館は、地上20階、地下2階。高さ99.75メートルの複合ビル。地下1階~3階までは商業施設。5階~19階はオフィスがはいる予定です。

完成は2021年1月。およそ一年後です。


カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です