錦通と江川線が交差する「西柳町」交差点の南西角で建設中の「イビススタイルズ名古屋」。関西地盤の総合不動産ディベロッパー「サムティ」が、手掛ける宿泊特化型のホテルです。

イビススタイルズ名古屋

イビススタイルズ名古屋の前回投稿はこちら

長く基礎工事が続いていましたが躯体が一気に上がってきました。イビススタイルズ名古屋は地上13階予定。なかなか目視で確認出来ませんが、おそらく写真左側部分の骨組は最上階にまで達しているのではないでしょうか?いずれにしても最上階に近い部分まで達しているのは間違いありません。

11月30日 撮影

近影です。一気に躯体が上がったものの最上階近くに達したのはごくごく一部。まだまったく骨組がされていない部分もあるのがわかります。

マンションやオフィスビルが中心でありながらこのところホテル開発にも力を入れているサムティですが、名古屋でのホテル建設はこれがはじめてです。



この場所はもともとエイデンの本店があった場所。名駅から徒歩9分、さらに地下鉄「柳橋」構想もある好立地です。完成は2020年夏。今後、急ピッチで工事が進むことになりそうです。

イビススタイルズ名古屋のその後についてはこちら

 

 

 

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です