2020年に向け再整備の工事が進む久屋大通公園。前回投稿から20日ほどしがたっていませんが、このところ現場の様子が大きく変化しています。

久屋大通公園の前回投稿はこちら

10月19日 撮影

公園に何本もクレームが立ちはじめています。

10月19日 撮影

そこかしこに建屋が立ちはじめています。テレビ塔の南側は公園の中央に水盤がはられ、左右に店舗スペースが設置されることになりますが、出現建屋はこうした店舗になります。

10月19日 撮影

東隣の「オアシス21」の水の宇宙船から。ここからもクレーンが稼働しているのがみえます。これまでは旧公園の木の伐採などが中心でしたが、今後は新たな公園施設をつくるステージに入っていると言えます。

10月19日 撮影

テレビ塔の北側から。こちらにも建屋が立ち始めました。これまで発表されたパースはテレビ塔の北側はサッカーなどができる芝生公園になるというものしかありませんでしたが、こちらにもなんらかの建屋が整備されるようです。

久屋大通公園のリニューアルは2020年6月頃。今後、状況の変化は加速すると思われますので投稿のペースをあげていきたいと思います。

久屋大通公園再整備のその後についてはこちら

 

 

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

2件のコメント

名古屋パルクール · 2019-10-21 11:38 午後

クレーム?クレーンですよね?

    ゆめ · 2019-10-26 7:53 午後

    クレーンの間違いです。ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です