中区錦三丁目の桜通り沿いで建設中の「(仮称)ホテル京阪名古屋栄」。前回投稿から一ヶ月。さらに建設が進んでいます。

(仮称)ホテル京阪名古屋栄の前回投稿についてはこちら

10月5日 撮影

桜通り沿いの外壁工事は、ほぼほぼ完了したようです。思い返すに基礎工事が終わり、躯体が伸びてきたのがゴールデンウィーク前後だったことを考えると、工事がものすごい急ピッチで進んだといえます。

「(仮称)ホテル京阪名古屋栄」は、京阪ホテル名古屋初進出となるホテルです。オープンは半年後の2020年春。オープンまでは、内装工事が続けられるとみられます。2020年春は、訪日外国人の特需が見込める東京オリンピック直前ということもあり、「(仮称)相鉄フレッサイン名古屋駅前」や、「三交イン」が入る名古屋三交ビルの完成などホテルのオープンラッシュが続きます。これまで極端に少なかった名古屋市内のホテル客室の供給量が一気に増えることになります。

名古屋三交ビルについてはこちら

相鉄フレッサイン名古屋駅前についてはこちら

ホテル京阪名古屋栄のその後についてはこちら

 

 

カテゴリー: 栄北地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です