2020年7月に向けて再整備が進んでいる久屋大通公園。前回投稿から3ヶ月。久しぶりに現地の工事の進捗状況をお伝えしたいと思います。

前回投稿についてはこちら

9月28日 撮影

オアシス21の水の宇宙船からみる久屋大通公園です。木が生い茂っていたかつての公園の様子は見る影もなく、あちこちにショベルカーとブルーシートを確認することができます。”絶賛工事中”といった感じです。

一見3ヶ月前とあまり状況が変化ないようにみえますが、変化も確認することができます。

9月28日 撮影

再整備された久屋大通公園では、店舗も建設されることになっていますが、よくみると何かしらの建物の基礎工事が進んでいるのがわかります。

9月28日 撮影

基礎工事は複数箇所で進んでいます。リニューアルオープンまであと1年を切り、工事は着実に進んでいるようです。

再整備イメージ

リニューアル完了後には、公園中央に水盤も設置される予定。「逆さ富士」ならぬ「逆さテレビ塔」というのがみられるようになるということです。また、冬にはスケート場に変わることも検討されているということです。

新たな観光スポットになることも予想される久屋大通公園のリニューアル。いまから完成が待ち遠しいです。

久屋大通公園再整備のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です