リニア新幹線の名古屋駅予定地となる「東洋ビル」の解体がいよいよはじまったようです。

7月6日 撮影

ビルが閉鎖され、囲いがはじまりました。

東洋ビル解体のその後についてはこちら

リニアの名古屋駅は現在の名古屋駅より深い地下に、垂直に設置されます。

リニア名古屋駅予定

つまりリニア名古屋駅予定地は名古屋駅の東側、西側双方にまたいでいます。ここ最近、東口、西口ともに「JR東海管理地」という看板が掲げられた空き地をそこかしこで散見できるようになりました。

リニア名古屋駅の用地買収は、当初18年度末に完了する予定でしたが、JR東海は18年度末の段階で用地買収の遅れを認めた上で、「西側は5割超買収が進んでいるが、東側では一部で契約を締結しているものの大規模地権者との協議が難航している」として、1~2年買収期限を延長していました。

正直、「大規模地権者」の一つが、東洋ビルだと思っていましたが、契約が合意に達したのか?意外とあっさり解体工事にはいった印象です。

遅れてはいるものの用地買収は、確実に前に進んでいるようです。

 

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です