国際センタービルから、やや名駅方面に向かった桜通り沿い。オフィスやホテルなどの入居が予定されている「新名古屋三交ビル」の建設工事。前回から1ヶ月もたっていませんが、ここ最近みるみる躯体が伸びているので、しばらく更新頻度を早めています。

6月22日 撮影

目視する限りでは、躯体が最上階まで達したようです。

6月22日 撮影

東側の桜通り沿いから。バックが名駅地区の超高層ビルのため一見、貧相なビルにみえますが、決してそんなことはありません。高さは73.85メートルのビルです。

6月22日 撮影

ビルの裏手、北側から。近づくと迫力あります。

三重交通グループが手掛ける「新名古屋三交ビル」は地上16階建て。1階に商業施設、2階から7階にオフィス、8階から16階にホテル(三交イン)が入居予定です。これまで完成は2020年6月とされてきましたが、先日完成予定が2020年4月に前倒しされました。工事が予定より順調に進んでいるということではないでしょうか?

名古屋三交ビルのその後についてはこちら

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です