広小路通りから本町通りを南に入ったところで解体工事が進められていた「宝第一ビル」。これまで跡地がどうなるかについて、情報がありませんでしたが、久しぶりに現地を訪れたところ、やはりというかなんというか?想像したとおりの結果になっていました。

6月15日 撮影

駐車場の名前も宝パーキング。土地が宝グループ所有のままであることをうかがわせます。

宝第一ビルの解体に伴い、宝グループは周辺の雑居ビルも買収しあわせて解体しており、現地は資産価値の高い形のいい広大な敷地となっています。

間違いなく駐車場は暫定利用で、大型マンションなどの大規模再開発がされると思います。

今後の動向を見守りたいと思います。

 

 

 

カテゴリー: 栄中地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です