中村区名駅南1丁目。江川線と広小路通りが交わる「柳橋」交差点の南東角にあった「柳橋ガーデンビル」の解体工事が終了してから2ヶ月。跡地についての情報が依然ないままの状態が続いています。現地を訪れると、やはりというかこんな感じになっていました。

5月2日 撮影

おそらく駐車場にでもなっているだろうなとの予想はしていたものの、新たな再開発事業が進んでいるのでは?との淡い期待もしていたので、ややがっかり。

余談ですが、一日最大1,500円、夜間最大600円というのは、都心のコインパーキングとしてはかなりお値打ちなのではないでしょうか?

ただ、この土地は「江川線」と「広小路通り」という2つの幹線道路が交わる角地。さらに名古屋市が検討している新駅「柳橋駅」のすぐ近くです。

さらに柳橋ガーデンビルの隣りの昭和ビルも、同じタイミングで解体されており、駐車場はあくまで暫定的なもので、なんらかの一体開発が検討されているのは明らかです。

この場所が、今後どのようになるのか?引き続き情報収集に努めます。

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です