名古屋市北区の堀川沿い、大津通りの一本東側に入ったブロックに広大な空き地が広がっています。

3月16日 撮影

ここは、市営住宅「城北荘」の建て替え現場です。この空き地には、10階建て110戸と9階建て114戸の合わせて214戸の住宅が建設される予定。

市営住宅「城北荘」は、この堀川沿いから南は愛知学院大学のそばまで21棟の団地で形成されていましたが、築年数はいずれもおよそ50年~60年たっており、順次建て替えされることが決まっています。

今回建設される2棟はその皮切りとなるもので、2棟建設後は入居者移転をした上で順次、建て替えを進めていくことになっています。

城北荘建て替えのその後についてはついてはこちら

 

カテゴリー: 名城公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です