久屋大通公園にあった噴水南バスターミナルが先月末に閉鎖となり、栄地区に二つあったバスターミナルがオアシス周辺に集約されました。

新たに設けられた停留所

噴水南バスターミナルがあった場所は、人影もほとんどなく閑散としていました。

旧バス停には「休止」の文字が貼られています。告知不足なのか、最近この近くを通ると「バス停がなくなっちゃったんですけど、どこかに移転されたんですか?」ということを度々聞かれます。旧噴水南バスターミナルに大看板で移転先を書いたものを示すなど(小さなものはありますが、正直あまり目立ちません。)、もう少し親切に告知をする必要があるのではないでしょうか?

いずれにしても噴水南バスターミナルの恒久的な跡地利用についてはまだ決まっていませんが、本格的な再整備がされるまでの暫定整備として、イベント広場やBBQ施設が作られることが決まっています。

噴水南バスターミナル跡地の暫定整備についてはこちら

暫定整備イメージ図(名古屋市発表)

栄の街の真ん中にあることで、人の流れを疎外し、街の発展にマイナス効果になっているとさえ指摘されていた久屋大通公園てすが、再整備で逆に街に人を呼び込む「しかけ」となってくれることを期待したいです。

噴水南バスターミナルのその後についてはこちら

カテゴリー: 久屋大通公園

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です