いよいよ解体工事が開始・・・「パロマ瑞穂スタジアム」建て替え工事 2022年5月

いよいよ解体工事が開始・・・「パロマ瑞穂スタジアム」建て替え工事 2022年5月

Jリーグ名古屋グランパスの本拠地「パロマ瑞穂スタジアム」。2026年に名古屋で開催されるアジア大会を前に、建て替え計画が進んでいますが、いよいよ旧スタジアムの解体工事が本格的にはじまっています。

パロマ瑞穂スタジアム(5月2日 撮影)

スタジアム周辺が閉鎖された上、一部を除いてスタンド部分にグレーのシートが被せられています。

撮影当日は工事は休みのようでしたが、すでにメインスタンドの解体が始まっているのが確認できました。

スタジアムに取りつけられた時計は10時20分を指したまま止まっています。少しわかりずらいかもしれませんが、スタジアムの中にショベルカーのようなものがあるのも確認できます。2020年シーズンを最後にグランパスの公式試合がなくなって以降も2年近くあまり目立った動きがありませんでしたが、ここに来て一気に工事が動き出したようです。

「パロマ瑞穂スタジアム」の一年前の様子はこちら

建て替えによる新スタジアムの完成は2025年度。2026年に名古屋で開催されるアジア大会のメイン会場になる予定です。

新瑞穂陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム) 完成イメージ

建て替え工事を落札したのは、ナゴヤドームなどの建築実績もある竹中工務店を中心とする企業グループです。新しいスタジアムは鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)の地上5階建て。観客席は約3万席(仮説含め3万5千席)で、観客席をぐるりと覆う白い屋根が大きな特徴です。

建て替えにより大きくグレードアップする新スタジアム。今から完成が楽しみです。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseRussianSpanish