中村区名駅5丁目。堀川から錦通り沿いをやや西(名駅方向)にいったところで新たに建設していたホテル「ニッコースタイル名古屋」がオープンしました。

ニッコースタイル名古屋(9月19日 撮影)

ニッコースタイル名古屋の前回投稿はこちら

地上13階。総客室数191室。

「宿泊して眠る」だけでなく、宿泊以外の付加価値をテーマにする「名古屋初の本格的ライフスタイルホテル」と銘打っていて、館内の随所に有松絞りをはじめとした名古屋の伝統文化に触れることができる空間が設けられていたり、「コーミュナルロビー」で様々なイベントなども企画されているということです。このためビジネス需要だけでなく、観光需要のとりこみも狙いとなっています。

ニッコースタイル名古屋(9月19日 撮影)

オープンは8月7日。コロナ禍を受けて、ほとんど壊滅的な状態が続いていた宿泊業界にあって、船出は最悪だったと思います。ただここにきて宿泊需要が徐々に回復してきたという話もちらほら聞こえてくることに加え、10月からは東京も「Go to 」の対象になります。まだ厳しい渡航制限が敷かれていて、訪日外国人観光客の足は依然止まったままですが、少しずつ状況がよくなることを信じて踏ん張ってほしいです。

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です