中区大須三丁目の通称”電気街”。赤門前町と裏門前町通の交差店の北東角で、複数のビルの解体工事がはじまっています。

6月20日 撮影

先日「Multina Box」に移転した「パソコン工房 グッドウィル」が入居していたビルなど、現地では隣接する複数のビルが一挙に解体されています。

6月20日 撮影

Multina Boxのオープンについてはこちら

解体後、この土地がどうなるか?についての情報はありません。ただ、複数のビルが同じ形で解体工事に入っているため、なんらかの一体開発がされる可能性は極めて高いと思います。

現地の看板の発注者の欄には「積水ハウス株式会社名古屋マンション事業部」と書かれています。積水ハウスはここから少し南西にいったところで高層タワーマンション「(仮称)グランドメゾン大須三丁目」を建設中ですが、もう一つ新たな大規模マンションを大須三丁目内に建設する予定なのかもしれません。今後の動向に注目したいです。

「(仮称)グランドメゾン大須三丁目」についてはこちら

 

 

 

 

カテゴリー: 大須

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です