名古屋に本社がある美容健康機器の「ブランド開発カンパニー」MTG。クリスティアーノロナウドを広告塔にしたフィットネス商品「SIX PAD」など様々なブランドを次々に生み出しています。

 

 

日韓関係の悪化や香港のデモなどの影響を受けたとして2019年9月期に262億円の赤字を発表をしており一部で経営状況が厳しいのではという指摘もありますが、ここ最近でも次々と新しい取り組みを打ち出しており、かなりバイタリティーのある会社です。直近ではグループ会社のMTGメディカルが、マスクの販売もはじめているようです。

 

 

このMTGがいま本社を中村区から熱田区に移転をする計画を立てています。新本社の基礎工事は、すでにはじまっているようです。

MTG新本社ビルの前回投稿はこちら

MTG新本社ビル(5月24日 撮影)

場所はJR熱田駅の東。かつて中日ハウジングセンターがあった場所とその南の駐車場です。

本社建設予定地(MTG HPよ

かつて中日ハウジングセンターがあった場所だけでなく、駐車場のあった場所もすでにオレンジの囲いがされていて、本格的な基礎工事がはじまっています。

旧駐車場(5月24日 撮影)

敷地面積は21,783㎡。計画では本社オフィスやブランドの研究開発拠点だけではなく、自社ブランドの製品を取り入れたスパやジム、美容・健康に特化した複数の飲食施設なども建設される予定です。具体的な計画についてはあまり明らかにされていませんが、会社というより、大学のキャンパスのような感じになるのでは?と想像しています。もちろん規模は違いますが、シリコンバレーの広大な敷地にゆったりとつくられているグーグルの本社のような発想に近いのかもしれません。「都心の高層ビルのなかに本社を構えて・・」というのが多くの日本の大企業の発想ですが、MTGの本社が新たな会社の形を提案してくれると面白いのでは?と思います。

MTG本社ビルのその後についてはこちら

 

 

カテゴリー: 熱田

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です