不要不急の外出の自粛が求められるなかで、当ブログでは当面の間、活動範囲を生活圏のある栄地区にとどめ街の変化の様子を記録して行きたいと思います。名駅地区等の街の様子を取り上げる際は、これまで撮りためていた若干撮影日時が古い写真を掲載することが多いと思います。ご了承下さい。

さて今回取り上げるのは栄交差点「三越名古屋栄店」の斜め向かいで建設中の新「日本生命栄町ビル」です。

前回投稿からおよそ5ヶ月。シートが外されついにベールを脱ぎました。

新日生栄町ビル(4月15日 撮影)

日本生命栄町ビルのその後についてはこちら

地上6階、地下2階。シックな色合いの建物で一見オフィスビルにもみえますが、大丸松坂屋がテナントを募って運営する商業施設です。大丸松坂屋は東京銀座の松坂屋の跡地に「GINZA SIX」を開業しており、おそらくこの建物も同様の専門店が数多く入る商業施設になるのではないかと思います。

日本生命栄町ビル(4月15日 撮影)

一階部分は依然シートに包まれており、なかを伺いしることができません。街全体が自粛ムードで経済が止まっている感じもする名古屋市内ですが、建物には頻繁に工事関係者の方の出入りもあり、工事自体が止まっているわけではないようです。

完成は2020年11月の予定。どのようなテナントかわ入るのか?まだ明らかになっていませんが、今後、徐々に明らかにされていくとみられます。

新日本生命栄町ビルのその後についてはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

A列車で行こうExp.+(エクスプレス プラス)
価格:7293円(税込、送料無料) (2020/4/16時点)

 

カテゴリー: 栄中地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です