中村区名駅二丁目。江川線沿いの山王交差点近くで、長谷工グループの総合地所などが計画を進めている超高層タワーマンション計画「(仮称)名駅南二丁目計画」。計画の概容も発表され、この春いよいよ着工になります。

完成予想図

開発を手掛けるのは総合地所、名鉄不動産、京阪電鉄不動産、大和ハウス工業、三交不動産、住友商事の6社。地上42階、地下1階、高さ156.385メートル。総戸数400戸の超高層タワーマンションです。

3月14日 撮影

少し古い写真ですが、現地には長い範囲で白の囲いが敷かれています。

設計・施工は長谷工コーポレーションで、完成は2023年4月予定。売行き次第では、さらに2棟目の建設も示唆されています。今後の動向に注目したいです。

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です