中村区松重町の堀川沿いに、建設中の大型マンション。

11月23日 撮影

「レーベン名古屋松重町GRAND AUBE」。地上14階建て、高さ42.685メートル、総戸数165戸で、フィットネスルームも完備されている大型マンションです。

レーベン名古屋松重町GRAND AUBEの前回投稿はこちら

11月23日 撮影

近影です。建物は最上階まで達しています。マンションはコの字型で近くにいくとかなり迫力があります。

建築主は、首都圏が地盤のマンションディベロッパー「タカラレーベン」。名古屋への進出がこの物件が初となります。

間取りは2LDk~3LDK(56.78㎡~75.89㎡)で、価格帯は2,400万台~4,900万台です。都心近くにはあるものの近くに駅がないエアポケットのような場所で、最寄駅は地下鉄鶴舞線の「大須観音駅」から9分です。ただ名駅も徒歩圏内で、価格帯はお手頃ではないでしょうか?

惜しむらくは、専有面積が若干狭いのではと思います。個人的な見方ですが、首都圏のディベロッパーが名古屋に初進出する際の物件は、首都圏の感覚で設定するからか、多分に一室あたりの専有面積が狭い気がします。

名古屋市内では、もう少し価格帯が高くても、広い部屋に住みたいという需要が多い気がします。

入居の開始は2020年3月下旬です。

タカラレーベン名古屋松重町GRAND AUBEのその後についてはこちら



 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です