200メートル級の超高層ビル街。この壮大な超高層ビル街。

11月23日 撮影

右からJRセントラルタワーズ(2本)、JRゲートタワーズ、JPタワーズ。いずれも名駅地区を代表する超高層ビルです。この写真の左側で、ポツンと建設されているのが「(仮称)名駅一丁目計画」です。い並ぶ超高層ビルと、比較すると、かなり小さなビルにみえますが・・・。

11月23日 撮影

近づくとそこそこ大きなビルであることを実感できます。地上14階、地下1階。高さ66.83メートル。他の場所なら、それなりに存在感のある高層ビルになっていたと思います。

前回投稿から一ヶ月あまり。最大の変化は、低層階がいままでより増床されていることです。

11月23日 撮影

どうやら、これまでは建物の西側半分を積み上げていただけで、今後は東側半分の積み上げが始まるようです。これまで想像していたものよりスケールの大きなものになりそうです。

「(仮称)名駅一丁目計画」の前回投稿はこちら

「(仮称)名駅一丁目計画」は、三菱倉庫(東京都中央区)と名古屋鉄道(名古屋市中村区)が共同で手掛けるオフィスビル。完成は2020年5月です。人気の高まる名駅地区では、全国的にみてもオフィス需要が逼迫しているといわれていて、久々のオフィススペースの大量供給となるだけに完成が待たれます。


カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です