栄交差点の北西角で建て替え工事が進んでいる日本生命栄町ビル跡地の商業施設。前回投稿から一ヶ月経ち、一気に躯体は一気に5階のあたりまで上がりました。

9月28日 撮影

一ヶ月前は躯体が2階のあたりまで上がってきていただけでした。

日本生命栄町ビル跡地の前回投稿はこちら

9月28日 撮影

大津通りから。こちらはシートがかかっていませんでした。内部はまだ建設がすすんでいないようにみえます。

日本生命栄町ビルは地上6階、地下2階の商業施設で竣工は2020年。完成後は、大丸松坂屋に賃貸され、大丸松阪屋がテナントを募って運営を担うということです。大丸松阪屋は「銀座松坂屋」の跡地に2017年テナント商業施設の「GINZA SIX」を開業しており、今回の栄町ビルでもこうしたノウハウを生かした運営がなされるものと思われます。

栄交差点は長年塩漬けとなっていた栄角地が再開発に向け動き出しているほか、先日、名古屋三越栄店の超高層ビルの建て替え構想も発表されました。

栄角地 再開発計画

名古屋三越栄店の超高層建て替え構想

市内でいま、もっとも“アツい“再開発スポットといって過言ではないと思います。

 

 

 

カテゴリー: 栄中地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です