納屋橋を堀川沿いに200メートルほど南にいったところ。旧読売新聞中部支社跡地で再開発が進んでいます。

9月8日 撮影

「読売名古屋栄再開発プロジェクト」。旧ビルの面影はすっかりなくなりました。写真奥の超高層ビルは、地上150メートルの「グランドメゾン御園座タワー」です。

9月8日 撮影

敷地の中の様子です。旧ビルの解体工事はすでに終わったようで、現地の看板によると2019年9月より、新ビル「読売名古屋栄開発プロジェクト新築工事」が開始された模様です。

跡地に建設されるプロジェクトでは、読売新聞が建築主となり地上12階・地下1階、高さ49.50メートルのビルを建設。マリオット系の「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」が入る予定です。

完成イメージ

客室数は360室。グレードとしては「高級ホテルとビジネスホテルの間」といったところです。2年半後の完成は2022年春です。

コートヤード・バイ・マリオット名古屋の概略についてはこちら

コートヤード・バイ・マリオット名古屋のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 伏見

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です