名古屋最大の歓楽街中区錦三丁目、通称「錦三」の錦通り沿いで建設中の豪華カプセルホテル「安心お宿 名古屋錦3丁目店」。前回投稿から半年。工事はいよいよ完成に向け仕上げの段階に入っています。

9月8日 撮影

シートが取り除かれ建物の全容がみえてきました。外観からはカプセルホテルのようにはみえません。

「安心お宿」は、「豪華カプセルホテル」をコンセプトに東京都内で5店舗展開しています。名古屋はこの「錦三丁目店」が初進出となります。

フロアイメージ

カプセルホテルは都心に格安で宿泊するためのツールというのが、従来のイメージの人も多いと思うので、“豪華“という言葉といまいちリンクしませんが、アメニティの充実や一つ一つのカプセルが広いなど従来のカプセルホテルよりも快適に過ごせる仕組が用意されるようです。

平均の客室単価は4,425円。通常のカプセルホテルよりは高いとは思いますが、市内のビジネスホテルと比較すると価格帯はおさえられていて”いい線”をついてるといった感じです。

建物は三十三フィナンシャルグルーブの三重銀総合リースが建設。安心お宿と賃貸契約を結ぶ形となります。こうすることで「安心お宿」は名古屋進出の初期費用を抑えられるというメリットが生まれる一方、三十三フィナンシャルは預かった預金の有効活用ができます。

ビジネスパーソンだけでなく、インバウンドなど観光需要の取り込みも狙っているというこのホテル。完成は2019年12月です。

(仮称)安心お宿名古屋錦三丁目店のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 栄中地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です