名古屋駅から徒歩圏内、江川線と錦通が交わる「西柳町」交差点の東で建設が進んでいる「ホテルニッコースタイル名古屋」。前回、取材から一ヶ月ほどたちましたが、建物の骨組が一気に積み上がっていました。

7月6日 撮影

一ヶ月前は、ようやく躯体が上がってきたばかりといった感じでしたが、骨組は現在は最上階(13階)まで骨組が積み上がっているようです。

7月6日 撮影

名古屋高速の錦橋出口越しに。写真奥にある高層の「プラウドタワー名古屋栄」です。超高層ビルが次々に建設される名古屋駅の再開発にばかり目が行き、あまり気づきませんでしたが、この十年でこのあたりも大きく変わったなぁと思います。

ニッコースタイル名古屋

ニッコースタイル名古屋は地上13階。客室数は191室。ホテル内にはフィットネスジムだけでなく、料理イベントや地元ミュージシャンのライブなど名古屋固有の文化や歴史を体験できるイベントスペースなどがもうけられるということです。訪日外国人客向けに、武将隊のパフォーマンスなどもされるのではないでしょうか?

開業は2020年です。

ホテルニッコースタイル名古屋のその後についてはこちら

 

カテゴリー: 名駅地区

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です