大須の中心部、赤門通り沿いで再開発工事が進んでいた大須中公設市場跡地の再開発「(仮称)大須三丁目計画」。建物の全容が姿を現しはじめました。

6月30日 撮影

さまざまな店舗の入居が予定されている建物の正面には、2階へ通じる階段も設けられています。

6月30日 撮影

建物北側から。建物は黒と白のツートーンカラーでまとめたシックな雰囲気。よくも悪くも「大須」という街のイメージから、若干かけ離れた印象の建物です。

商業施設として再開発が進んでいる(仮称)大須三丁目計画。事務所・飲食店・物販などが入ることが想定されています。正面には、ビルの名称でしょうか「Multina Box」の文字がみえます。「いろいろなものが入った部屋」と言った感じの意味なのでしょうか?

現在も「テナント募集」の看板が掲げられたまま。完成時には、無事埋まるのでしょうか?

場所柄、大須の新名所となるような建物になることは間違いありません。大須をさらに魅力的な街にするようなスポットになることを期待したいです。

大須中公設市場跡地のその後についてはこちら

カテゴリー: 大須

ゆめ

名古屋栄が生活圏のサラリーマン。栄の変遷を見守ります

2件のコメント

天白区の人 · 2019-08-17 7:03 PM

本日(8/17)タピオカドリンク専門店(辰杏珠 大須店)がこのビルの1階にオープンしたようです。
大阪の心斎橋や東京の原宿・渋谷にもお店があるお店のようです。

天白区の人 · 2019-08-22 7:20 AM

8月19日に、公式ホームページもできたようです。
1Fは飲食店、2Fはアニメショップ(らしんばん)とパソコンショップ(GoodWill)、3Fはパデル名古屋というお店のようです。
(パデル=テニスに似た競技でラケットはテニスより小さいものを使用するそうです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です